読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいおす雑記

大坪けいおすのいろいろ

「kosen13s' Advent Calendar 2016」に(勝手に)参加した

ということでAdvent Calender

kosen13s' Advent Calendar 2016 - Adventar

の空いていた12/4に勝手に記事を書いていきたいと思います。テーマは「今までの高専生活とこれからの目標」です。

高専入学前

私は県内でも僻地(県庁所在地まで電車で2時間程度)のド田舎に住んでいて、中学卒業後に進学する公立学校として、

  • バスで40分かかる偏差値30の県立高校
  • 電車で1時間以上かかる偏差値55以上の県立高校×5くらい
  • 電車で最短15分の某高専

の実質3つの選択肢しかないような環境で育ちました。もともとめんどくさがりで女子と関わるより男子と関わった方が楽、好きな教科は理科と数学だった私は中学1年の時点で高専への入学を希望していました。

高専1年目

そのような流れで2013年4月、私は高専生になりました。入学時は物質工学科志望でした。1年目は特に何もなかった気がします。当時はGPA3.9あったし高専の闇に気付いてなかったし。

ただ、物質工学科の先輩に「うちの学科はやばいよ、徹夜とか当たり前だよ、教員もやばい」と聞かされて部活(水泳部)をやってたので志望学科を物質工学科から比較的面倒見のいい電子工学科にしました。今からするとめちゃくちゃ賢明な判断だったな…と思います。

高専2年目

この代の電子工学科は女子が非常に多く、クラスに10人もいました。ここらへんで男子とばかり関わることを諦めました。2年の段階では専門科目もほとんどないため、成績に大したダメージも負わずに進級できました。2年終了時でまだGPAは3.5あったはず。あと親とごちゃごちゃし始めた、というかひどくなり始めたのはここらへんだったと思います(もっと前かもしれない)。

高専3年目

3年前期は地獄でした。話の通じない担任、量の増えていくレポートと課題、あと家事。死ぬかと思った。家事については祖母の家に逃げ込むことで解決できましたが、あとの2つはどうにもなりませんよね…単位をちまちま落としつつ、さぼり癖もつけてギリギリの進級を決めました。

高専4年目とこれから

尊敬している先輩がいる研究室に入り浸り始めました。あと、夏季インターンシップでお世話になったメーカーさんへの就職を目指してほどほどに手を抜きつつ頑張っています。目標は進級。

まとめ

自己紹介代わりになったでしょうか。特に技術も何も持ってませんがもっと他高専の人と関わる機会が増えればいいな~~と思ってます。